離散数学 とは

離散数学 とは

基本情報技術者 過去問 2004年 春期 午前 問1 を参考に考えてみます。

<問題>

10進数の演算式7÷32の結果を2進数で表したものはどれか。

<選択肢>

(ア) 0.001011

(イ)  0.001101

(ウ)  0.00111

(エ)  0.0111

10進数の演算式7÷32の結果を2進数で表したものはどれか。

ここから私の思考です↓

ちなみに青字は文章を読んだ際の私の頭の中です。

<問題>

10進数の演算式7÷32の結果を2進数で表したものはどれか。

計算問題嫌いなんよね。。。

<選択肢>

(ア) 0.001011

(イ)  0.001101

(ウ)  0.00111

(エ)  0.0111

計算するしかないか・・・

計算した結果を2進数に変換するか。

7÷32=0.21875

10進数を2進数に変換するのは、整数部分と小数部分で違ったっけ。

整数部分を変換するのは、ひらすら2で割って、下から繋げる。

小数部分の変換が忘れがちやけど、

小数部分に2をかけて、さらにその小数部分に2をかけて、

小数部分が0になったら、それぞれの整数部分を上から繋げる。と。

これはもう公式として数こなして覚えるしかないね。

では始めよう。

0.21875×2=0.4375

0.4375×2=0.875

0.875×2=1.75

1.75×2= あ、ちゃうちゃう

0.75×2=1.5

0.5×2=1.0

上から繋げて、0.00111

ってことで答えは(ウ)やな!

正解は(ウ)です。

よっしゃ!天才!

離散数学とは連続していない、とびとびの数字を扱う数学のことです。

ここからは私の思考のおかしかった部分です↓

特におかしかった部分なし。さすが俺。

また1つ賢くなりました。よかったよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました