TouchBoneという骨伝導イヤホンを買ってみました。あまりの使い勝手のよさに毎日使用しています。ほんとおすすめです。

お得情報
スポンサーリンク

TouchBoneという骨伝導イヤホンを買ってみました。あまりの使い勝手のよさに毎日使用しています。ほんとおすすめです。

骨伝導 ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 チーロ cheero TouchBone 自動ペアリング 高音質 CVC8.0 Qualcomm QCC3003 ノイズキャンセリング 防水 IPX5 ハンズフリー マイク iOS Android Windows 対応

価格:6,580円
(2021/8/13 15:38時点)

スポンサーリンク

骨伝導イヤホンという素晴らしさ

一昔前まではイヤホンなんてコードがあって当たり前でしたよね。

ipod、iphoneが最高に流行っていたころなんて、あの白いコードをたらしているのがオシャレでした。

私は完全にそれがカッコイイと思っていたので、ipodのイヤホンに似た、安い白いイヤホンを買い、

これもファッションの一部!と思って出掛けていましたね。

するといつの間にかコード自体がないのが主流になってきました。

コードレスイヤホンですね。

私がコードレスイヤホンを始めて購入したのは1年ほど前ですが、これがまた便利です。

かっこいいと思っていたイヤホンのコードですが、毎日使用しているとどうしても汚れてきてしまうんですね。

あとランニングのときとかマジ邪魔。

コードの先のイヤホンが耳から落ちないように頭の角度を維持しないといけないのも、小さなストレスは多少なりともありましたね。

そんなコードから解放してくれたのがワイヤレスイヤホンでした。

そんなストレスフリーなワイヤレスイヤホンを手に入れて、快適なイヤホンライフを過ごしていたのですが、不満がなかったわけではありません。

ワイヤレスイヤホンに限ってのことではないのですが、

私は、ながら作業をするときによくイヤホンを使用します。

そのとき、家族から声をかけられたときに、当然ながら何を言っているのかわかりませんでした。

当たり前ですよね、耳をふさいでそこから音を鳴らしているんですから。

相手は身振り手振りでジェスチャーや口パクで要件を伝えようとしてくるが

結局わからないので、イヤホンを取って、聞き直す。

この作業が地味にストレスとなっていました。

そもそもイヤホン付けてるのがわかっているんだから喋りかけてくんなよ、ってところなんですがね。

そんな私のわがままストレスからも解放してくれるのが

この記事に記載する「骨伝導イヤホン」です。

なんと耳をふさがない。

骨を伝えて音が聞けるというものですね。

私の場合、たまたまロフトをぶらぶらしていたら骨伝導イヤホンの「TouchBone」が売っていたので

衝動買いですが買ってしまいました。

たしかその時の値段も6000円台だったと思います。

その時からこの記事を書いている現時点も骨伝導イヤホン「TouchBone」は毎日使用しています。

なんならこの記事を書いているこの瞬間も付けています。

RADWIMPSのアルバムを聞きながらこの記事を書いています。

マジ便利なんでもう少し具体的に紹介させていただきます。

TouchBoneの紹介

まぁ文章よりも画像みたほうが早いと思うので画像ペタペタ貼って、コメントを記載していきますね。

外箱

TouchBone_外箱

外箱の正面ですね。カッコイイ外人男性が装着しています。

TouchBone_外箱_1

外箱の右側です。お姉さんが装着していますね。

ヨガでもしているのでしょうか?下の人はzoom会議でもしているんでしょうかね?

TouchBone_外箱_2

外箱の左側です。

テレビ電話でも2人でしているのでしょうか?楽しそうですね。

TouchBone_外箱_3

フタを開けちゃいました。こんな感じです。オシャレな外箱ですね。

cheeroという会社?の商品のようですね。ロゴもかわいいですね。

TouchBone_外箱_4

外箱の裏面です。

あ、会社名はティ・アール・エイというところのようですね。

ではcheeroも商品名なのかな?

AndroidもiOSもWindowsも対応しています。

私はAndroidユーザーです。問題なく使用できております。

骨伝導イヤホン_本体

TouchBone_本体

イヤホンの全体像です。頭の後ろを通すタイプですね。

骨に当たる内側が少しブニブニしてます。骨伝導するための部分ですね。

TouchBone_本体_1

イヤホンの左側です。ロゴが可愛らしいですね。

TouchBone_本体_2

イヤホンの右側です。

真ん中のボタンが電源の入切、他のボタン。

上下が音量のアゲサゲのボタンです。

TouchBone_本体_3

イヤホン左側の下側です。

ここに充電用のコードをさして充電をおこないます。

付属品

TouchBone_充電

充電用コードです。USB-A to Micro USBです。

コードの長さはとても短いです。

TouchBone_袋

イヤホン収納用袋の表側です。

肌触りやわらかな、触ってて気持ちのいい生地ですね。

シンプルでオシャレです。ロゴも入れたらよかったのにと個人的には思います。

TouchBone_袋_1

イヤホン収納用袋の裏側です。

文字、イラスト、一切なし!

シンプルイズベスト!

TouchBone_説明書

説明書ですね。

説明書は1枚入っていて、片側が日本語、片側が英語で、表記されています。

こちらは日本語側です。

TouchBone_説明書_1

説明書の英語側です。

TouchBoneを装着したらこんな感じ

TouchBone_装着

装着時の正面です。

見方によってはもみあげにも見えないこともないでしょうか?

TouchBone_装着_1

装着時の横側です。

マスクをしている状態でも問題なく装着できます。

耳の穴の少し前側に取り付けます。

耳の穴がふさがれないので外部の音も普通に聞こえます。

TouchBone_装着_2

装着時の後ろ側です。

後ろ側にコードがくるので邪魔になりませんね。

骨伝導イヤホンに興味がある人は是非買うべき

実際に使ってみてどうかというと、

めっちゃいいです。

外の音も聞こえて、自分の聞きたい音楽、音声も聞けるというのは幅が広がりましたね。

私の場合、試験勉強の音声講座を聞いたり、YOUTUBEを聞いたり、音楽を聞いたり、わりと音を聞きながら他のことをするという

ながら作業が多いのですが、相性ばっちりです。骨伝導イヤホン。

鳴らしている音は多少は外にも音漏れはしてしまいます。

しかし、音を大きくして、だいぶん近づかないと何が鳴っているかまでは

なかなか他の人からはわからないかと思います。

電車など人と人との距離が近すぎる場合、隣の人には聞こえてしまうかもしれませんね。

あと、活躍できる大きな場面というと

自転車に乗る場合でしょうかね。

私も時々、自転車にも乗りますし、時々は自転車通勤をしています。

そんなときも、耳を完全にふさぐわけではないので安全ですし、大変重宝しています。

私のように、ながら作業をよくします、という人は試しに1つ購入してみてはいかがでしょうか。

作業が今まで以上にはかどりますよ。

では骨伝導イヤホン「Touch Bone」の紹介はこの辺で終わりたいと思います。

もっと詳しいことが知りたい方はこの記事の上下に貼ってあるリンクへ進めば、

この製品のちゃんとしたサイトへ進みます。興味がある人は確認してみてくださいな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました