アプリケーションプログラムの期待値

2019

アプリケーションプログラムの期待値

基本情報技術者試験 2019年(平成31年) 春 午前 問49 を考えてみましょう。

<問題>

条件に従うとき、アプリケーションプログラムの初年度の修正費用の期待値は、何万円か。

[条件]

(1) プログラム規模:2000kステップ

(2) プログラム潜在不良率:0.04件/kステップ

(3) 潜在不良の年間発見率:20%/年

(4) 発見した不良の分類

   影響度大の不良:20%、影響度小の不良:80%

(5) 不良1件当たりの修正費用

    影響度大の不良:200万円、影響度小の不良:50万円

(6) 初年度は影響度大の不良だけを修正する

<選択肢>

(ア) 640

(イ) 1,280

(ウ) 1,600

(エ) 6,400

条件に従うとき、アプリケーションプログラムの初年度の修正費用の期待値は、何万円か。

ここから私の思考です↓

青字は文章を読んだ私の頭の中です。

<問題>

条件に従うとき、アプリケーションプログラムの初年度の修正費用の期待値は、何万円か。

期待値の計算問題ですか。計算問題苦手ですね。

[条件]

(1) プログラム規模:2000kステップ

kってなによ。kって。まぁこれが大元ね。

(2) プログラム潜在不良率:0.04件/kステップ

1kステップ当たり0.04件不良が発生しますと。

今回は2000kあるから、2000×0.04=80

2000kの中には80件の不良がありますと。

(3) 潜在不良の年間発見率:20%/年

80件の不良が実際にあるうち、見つけられるのは

80×0.2=16件ですと。

(4) 発見した不良の分類

   影響度大の不良:20%、影響度小の不良:80%

影響度大の不良が2割ってどうなの?

優秀な方なのかね?ポンコツな方なのかね?知らんけど。

16件のうち、影響度大は16×0.2=3.2件。影響度小は16×0.8=12.8件ありますと。

(5) 不良1件当たりの修正費用

    影響度大の不良:200万円、影響度小の不良:50万円

修正費用って高いんですね。修正するのって大変でしょうけど儲かるんですね。

影響度大 3.2×200=640万円

影響度小 12.8×50=640万円

どっちもおんなじ金額になるんですね。不思議。

(6) 初年度は影響度大の不良だけを修正する

影響度小は考えなくてよいと。計算してた時間が無駄だったぜ。

ということで正解は(ア)の640万ですね!

正解は(ア)です。

ほらみろ!!

文系でも特に専門的な知識がなくても解けた計算問題ですね。

パッと見難しそうな問題でも、実際に計算してみたら案外解けちゃったりするもんですね。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました