基本情報技術者試験が家でも受験可能に?ググりながら受験できるね。受験時間中も先輩に教えてもらおう。カンニングし放題。

試験を受ける人に読んでもらいたい
スポンサーリンク

2022年8月4日IPA(情報処理推進機構)から下記の発表がありました。

「基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験でインターネットによる実証試験を実施」

(IPAの公式発表へのリンクは記事の下の方にリンクを貼っておきます。)

マジか、、、と私は驚愕しています。

悪い意味で。

もう一度言います。

悪い意味で。

記事を見ていくと、まだ本格実施ではなく、実証試験段階ではあるようなのですが

実証試験を行うということは、前向きに検討が進められているということですね。

じゃなきゃテスト試験なんて段階にならないですもんね。

IBT試験とCBT試験の2種類にて10月初旬に実証試験は行われるようです。

また横文字のよくわからない略語が出てきましたね。

IT業界は本当に横文字が好きですね。マジで覚えにくいし理解しにくいしやめてほしいです。

改めて解説しておくと

IBT ・・・ Internet Based Testing = インターネット 基盤 テスト = インターネット試験

CBT ・・・ Computer Based Testing = コンピューター 基盤 テスト = 紙ではなくコンピューター上での試験

略さないでくれるとまだわかりますけど、これもうわざとわかりにくくしてますよね。

インターネット試験の方は家で受験できるようです。

どっちか選べるなら全員もれなく家で受験するでしょう。

わざわざ会場に行って監視されるほうを選ぶ人なんて意味わかんないですしね。

スポンサーリンク

Googleで検索しまくろう。ノー勉でもいけんじゃん?

家で受験できるなら、当然ながらGoogle先生に聞きまくりますよね。

Googleで調べまくります。

私は家に2台PCがあるので、

1台は受験用、もう1台は検索用、として用意して絶対受験します。

スマホも活用しますね。

各種参考書も横に置いておいてすぐに調べられるようにしておきます。

基本情報技術者試験では過去に出てきた問題も多く再使用されます。

特に午前の問題なんて過去問の再利用なんてしょっちゅう行われています。

私のこのサイトでも今までの過去問を多数掲載、解説しています。

このサイト内の検索ボックスで検索してもらってもヒットするものもあるはずです。

インターネットにつながってさえいれば、ほぼ同じ過去問を検索し、参考にするなんて容易いものです。

だいたい6割くらい合格していればよいと聞きますし、

6割くらいなら、下手したらノー勉でも検索力だけで合格できちゃうじゃないですかね。

私はもうすでに基本情報技術者試験には合格してしまっていますが

午前試験だけならノー勉で合格できる自信はあります。

午後試験は毎年いろいろ変わったりもしますし、

午後は検索できたとしてもある程度の勉強時間は必要かと思います。

長文問題も多いですからね、午後試験は。

受験勉強は午後試験に特化する形でいいと思います。

特にプログラミング関連部分の問題はその場で考えて対応せざるを得ないでしょうしね。

受験時間中も詳しい先輩に横にいてもらったらいいね

家でも受験できるということなら、

隣でIT詳しい人に聞きながら解答すればいいんじゃないですかね。

家にいるなら1人で受験しているかどうかなんてわからないでしょうし。

私なら、当然ながら詳しい人に聞きながら受験します。

そうですね、具体的には、

まぁ私の場合、職種が社内SEですので、会社の先輩になんとかお願いして

受験を一緒に解いてもらいます。

たぶん金は渡すと思います。1時間2千円くらいはリアルに渡すと思います。

そんな金額で合格できるなら安いもんですよね。

なんならこのご時世なんで横にリアルにいなかったとしても

ZoomとかTeamsとかで詳しい人と画面共有しながら受験するほうが

効率はいいかもしれませんね。

他の受験者と一緒に受験すればみんなハッピーだね

IT系の会社であれば、若手社員は基本情報技術者試験の取得を義務付けられている人もいるかもしれません。

そんな場合、会社の受験者の人達は集まって一緒に受験するほうが効率はいいでしょう。

一緒に受験することを推奨する会社も出てくるかもしれませんしね。

会社からすると、自社の人間で資格所有者が増えたほうがいいいに決まっていますし。

当然、脳みそ1つで受けるよりは脳みそ3つや4つで受けるほうが

合格率は上がるに決まっています。

でもそうするとそれまでのコミュニケーション能力のほうが大事になってくるかもしれませんね。

頭が良いやつといかに仲良くしておくか、グループにいかに馴染んでおくか。

一緒に受験しようというグループに入れなかったら一緒に受験することもできませんしね。

まぁそれでもGoogleさえ使えたら充分な気もしますが。

代理受験の業者さんが儲かりそうですね

インターネットで受験できるということは

誰がどこで受験しているかなんて簡単にはわからないということですね。

当然ながら、代理で受験しますという業者などが登場してくるでしょう。

業者とまで言わずとも、個人単位で副業として代理受験が流行ってしまうかもしれませんね。

完全な代理受験とまでいかなかったとしても、

受験者の画面をZoomなどで画面共有しておいてもらって、アドバイスをする、というサービスもできるかもしれません。

Zoom、Teams、GoogleMeet、などを活用すれば、1人だけでなく、複数人も相手にできるかもしれません。

料金はどれくらい取れるでしょうかね。

う~ん、、、1回5000円くらいでしょうか。

受験者からすると追加で5000円くらい払ったら合格できるのであれば、

決して高い金額ではないはずです。

私自身も基本情報技術者試験の通信教育に3万ほど払って合格した人間です。

それから思うと5000円くらい安いものですね。

クラウドワークスとか、ココナラ、とか、そこら辺のサービスで流行りそうな小遣い稼ぎジャンルになりそうです。

自分でこの記事を書きながら、われながらあくどい商売を思いついてしまったなと思います。

インターネット試験(IBT試験)の合格率は80%は超えるんじゃないか

以前の試験体勢の変更にて

紙の試験からPCの試験に切り替わりました。

さらに午前試験、午後試験、別日に受験できるようになりました。

これだけでも合格率は充分に上がってしまったかと思います。

午前試験、午後試験、を同日に受験して、しかも紙に記入する。

そんな時代に受験されたことのある人はわかると思うのですが、

午前試験のときにもうそれなりに頭が疲れているのに

集中力が無くなった午後に、長文問題を解かなくてはいけない。

これが結構きつかったんです。

これが無くなっただけでもありがたく思えよお前ら、と私は勝手に思っていました。

それなのに今回はインターネットで自宅から受験できるようになるかもしれないと。

そんなもんもう合格率なんて80%超えてくるんじゃないですか?

そうなったらもう名称を変えてほしいです。

いままでの基本情報技術者試験と一緒にしないでほしいです。

せっかく頑張って勉強して、やっとの思いで合格したのに。

・・・

だから日本はIT後進国なんだよ。

試験のレベル下げてんじゃねぇよ。

受験者のレベル上げろよ。

バカなんじゃねぇの。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験でインターネットによる実証試験を実施

コメント

  1. HAGE より:

    お久しぶりです。HAGEです。
    いつもちゃんとレスしてくださりありがとうございます。
    昔からかの匿名掲示板ではこの資格は無能を振り落とす資格とか極端なこと言われていましたが、旧制度の試験ならそれはあり得ない評価でしたが、今の基本情報技術者試験は彼らの評価に近いものになってしまった気がします。
    国家資格でさえこんな頼りないことになるならやはりエンジニアは自作アプリ作って実力を示すのが正攻法ということでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました