稼働率 とは

2019

稼働率 とは

基本情報技術者 過去問 2019年 春期 午前 問14 を参考に考えてみます。

〈問題〉

図のように,1台のサーバ,3台のクライアント及び2台のプリンタがLANで接続されている。このシステムはクライアントからの指示に基づいて,サーバにあるデータをプリンタに出力する。各装置の稼働率が表のとおりであるとき,このシステムの稼働率を表す計算式はどれか。ここで,クライアントは3台のうちどれか1台でも稼働していればよく,プリンタは2台のうちどちらかが稼働していればよい。

〈選択肢〉

(ア)  ab3c2

(イ)   a(1-b3)(1-c2)

(ウ)   a(1-b)3(1-c)2

(エ)   a(1-(1-b)3)(1-(1-c)2)

図のように,1台のサーバ,3台のクライアント及び2台のプリンタがLANで接続されている。

ここから私の思考です↓

ちなみに青字は文章を読んだ際の私の頭の中です。

〈問題〉

図のように,1台のサーバ,3台のクライアント及び2台のプリンタがLANで接続されている。

接続されていますね。確かに。

このシステムはクライアントからの指示に基づいて,サーバにあるデータをプリンタに出力する。

サーバーにはきっとあんなデータやこんなデータが入っているんでしょうね。

こわいこわい。

各装置の稼働率が表のとおりであるとき,このシステムの稼働率を表す計算式はどれか。

関係ないですが、皆さんは稼働率と可動率の違いはご存知ですか?

ここで,クライアントは3台のうちどれか1台でも稼働していればよく,プリンタは2台のうちどちらかが稼働していればよい。

何か起こってもあんしんですね。

ふむふむ。

とりあえず、サーバ×クライアント×プリンタ×LANの稼働率がこのシステムの稼働率なのでしょう。

サーバの稼働率はaで、LANの稼働率は1なのはわかります。

確か並列つなぎの場合は、

1 ー(片方が動いていない確率×片方が動いていない確率) やったはず。

片方が動いていない確率は 1-a

ということはクライアントの稼働率は

1ー{(1ーb)× (1ーb) × (1ーb) }

= 1ー (1ーb )3

同じく、プリンタの稼働率は

1ー{(1ーc)× (1ーc)}

= 1ー (1ーc)2

ということは サーバ×クライアント×プリンタ×LAN は

a×{1ー (1ーb )3 }× {1ー (1ーc)2 }×1

= a{1ー (1ーb )3 }× {1ー (1ーc)2

〈選択肢〉

(ア)  ab3c2

(イ)   a(1-b3)(1-c2)

(ウ)   a(1-b)3(1-c)2

(エ)   a(1-(1-b)3)(1-(1-c)2)

ということは正解は(エ)で間違いないね。

正解は(エ)です。

ほほほほほ。

並列つなぎの稼働率=1-(動いていない確率×動いていない確率)

今回は完璧です。

また1つ賢くなりました。よかったよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました