ビッグデータの活用事例について

2019
スポンサーリンク

ビッグデータの活用事例について

基本情報技術者試験 2019年(平成31年) 春 午前 問64 を考えてみましょう。

<問題>

ビッグデータの活用事例を、ビッグデータの分析結果のフィードバック先と反映タイミングで分類した場合、表中のdに該当する活用事例はどれか。

<選択肢>

(ア)会員カードを用いて収集・蓄積した大量の購買データから,一人一人の嗜好を分析し,その顧客の前月の購買額に応じて,翌月のクーポン券を発行する。

(イ)会員登録をした来店客のスマートフォンから得られる位置データと,来店客の購買履歴データを基に,近くの売場にある推奨商品をスマートフォンに表示する。

(ウ)系列店の過去数年分のPOSデータから月ごとに最も売れた商品のランキングを抽出し,現在の月に該当する商品の映像を店内のディスプレイに表示する。

(エ)走行中の自動車から,車両の位置,速度などを表すデータをクラウド上に収集し分析することによって,各道路の現在の混雑状況をWebサイトに公開する。

スポンサーリンク

ビッグデータの活用事例を、ビッグデータの分析結果のフィードバック先と反映タイミングで分類した場合、表中のdに該当する活用事例はどれか。

ここからは私の思考です↓

ちなみに青字は文章を読んだ際の私の思考です。

<問題>

ビッグデータの活用事例を、ビッグデータの分析結果のフィードバック先と反映タイミングで分類した場合、表中のdに該当する活用事例はどれか。

ビッグデータなんて私は触ったことないですね。

どこからがビッグデータと呼ばれるものになるのでしょうか。

まぁそんなことは置いといて、読み進めましょうか。

ほう、この手の問題の場合、

項目がa,b,c,dの4つ

選択肢がア、イ、ウ、エの4つ

まず間違いなく、a,b,c,dのそれぞれがア、イ、ウ、エのどれかに1つずつ該当するに違いない。

では1つずつみていきましょうか。

<選択肢>

(ア)会員カードを用いて収集・蓄積した大量の購買データから,一人一人の嗜好を分析し,その顧客の前月の購買額に応じて,翌月のクーポン券を発行する。

一人一人のって言っちゃってるし

分析結果のフィードバック先は「顧客個々」ですね。

前月の購買額に応じて、翌日のクーポンを発行するんですから

分析結果の反映タイミングは「一定期間ごと」ですね。

なので(ア)は c に該当するのでこれは違う。

(イ)会員登録をした来店客のスマートフォンから得られる位置データと,来店客の購買履歴データを基に,近くの売場にある推奨商品をスマートフォンに表示する。

会員登録をした来店客がターゲットだから

分析結果のフィードバック先は「顧客個々」ですね。

近くの売り場の推奨商品を急いでスマホに表示させないといけないわけだから

分析結果の反映タイミングは「即時」ですね。

ということで(イ)は d に該当するのでこれが正解ですね!

けどせっかくなので残りもみときましょうか。

(ウ)系列店の過去数年分のPOSデータから月ごとに最も売れた商品のランキングを抽出し,現在の月に該当する商品の映像を店内のディスプレイに表示する。

店内のディスプレイに表示するということなので

分析結果のフィードバック先は「顧客全体」ですね。

月ごとに抽出するので

分析結果の反映タイミングは「一定期間ごと」ですね。

ということで(ウ)は a ですね。

(エ)走行中の自動車から,車両の位置,速度などを表すデータをクラウド上に収集し分析することによって,各道路の現在の混雑状況をWebサイトに公開する。

道の混雑状況をWebサイトにのっけるのだから

分析結果のフィードバック先は「顧客全体」ですね。

現在の状況を公開するので

分析結果の反映タイミングは「即時」ですね。

今回のポイントとしては

ビッグデータなんて触ったことなくても

ちゃんと読めば解ける問題もある

という部分でした

最後まで読んでいただいてありがとうございました

勉強頑張りましょうね

私も頑張ります

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました