ソニー生命の営業さんと実際に会って喋ってみた

雑談

ソニー生命の営業さんと実際に会って喋ってみた

ソニー生命の営業さんと実際に会って喋ってみた

どうもじーよです

今回はソニー生命の営業さんと実際に会って喋ってみた

というテーマで書いていきたいと思います

YOUTUBEにも動画を投稿しているので

よければ聞いてください

ソニー生命っていうとsony関係の会社の、保険とかを扱っている会社になるんですけど

そもそもなんで私がそこの営業さんと話すことになったかというと

子供も生まれたので学資保険をちょっと考えるにあたって

何社か色々とサイトを見て回ったんですけど

その中でソニー生命の学資保険が一番戻ってくるお金が大きいよっていうのを見たんで

じゃあ話を聞いてみるかというか、まぁもうもう話聞いて申し込もうかっていうつもりで

まずインターネットのホームページから無料相談を申し込みました

先月ぐらいですねと7月ぐらいに

実際にその営業さんと日を合わせて喋ってきたんですけど

まぁちょっと部外者に家に上がれるのもなんか嫌だなっていうのも奥さんと喋ってたんで

私の場合は喫茶店を指定させてもらって喫茶店で喋りました

時間にしては2時間くらいだったんですけど

順番からいくと

店に入った時もうすでに営業さんいらっしゃいました

軽くご挨拶をして名刺を渡されて

お互い飲み物を頼んで

打ち合わせというかまぁ相談会スタートという形だったんですけど

結論から言うと私のイメージしていたものとは違いましたね

というのは保険の内容がとかでなくてこの無料相談の内容です

私的なイメージですと

保険の種類はこれこれこうあって

学資保険は1型2型3型とありまして、これはこうです、これはこうです、

さあどれにしましょうか?っていう感じで、

じゃあこれにします

じゃ契約しましょうね

っていう感じで終わるのかなーと思ったんですけど

どうもソニー生命さんというのは学資保険だけを単体で売るというようなことは

されていないみたいで

学資保険だけにとどまらず家にまつわる保険全体、

人生通した、人生を通して、どのようなプランが最適化っていうのを

トータル的に見てみましょう

っていうのがまあソニー生命さんのスタイルでしたね

学資保険じゃなくて生命保険や医療保険や、歳をとってからの老後の保険や

そこらへんもトータル的に一緒に考えていきましょうというスタイルですね

話の進め方でいくとまず

銀行に預けるのと保険に預けるので何がどう違うのか

ご存知ですか?と

学資保険というのは

弊社で扱っている学資保険というのはまあこんな形のものがありますと

お客様の簡単な家族構成によって人生の今後のプランを今簡単に聞いた上で

これこれここらへんの年齢になられた時にお子さん

がこのくらいの年齢になられるんでこれぐらい

ここで一番お金いりそうですよねー

なかなかお客様ご自身で

そこらへんを考えていくのは大変なんで

今後私どもとそこらへんを

詰めて数字で考えていって一緒に最適なプランを考えていきましょうという形で

まあざっくり言うとこんな感じで進んだんですけど

営業さんと喋ってみた感想

まあ正直私自身としては学資保険考えたかっただけなんで

保険って別で入っているのもありますし

そこらへんを見直しましょうと言われても

正直、

じゃまだなと思いました

あとはそうですね

その営業さんがおっしゃってた内容としては

お金を銀行に預けるのではなくて

保険として賢く増やしていきましょうということを

強く推されてされていたんですけど

まあ増やしたいというのであれば、もう保険ではなくて

投資?積立NISAかまぁそっちの方の方がいいんではないかなと私的には思いましたね

でも最悪、会社が潰れた時にはどうなるんですかってのも聞いた時も

グループ会社、sonyは

大きなグループ会社でいくつも他の母体があるんで、

まぁ助け合っていくんで大丈夫でーすっていうぐらいの説明だったので

まあなんかちょっと正直なところ、

しゃべってもイマイチしっくりこなかったなあという印象ではあります

ただまぁ人としてはまあとてもて説明丁寧な方でしたし

実際にあって喋ってみるのはもうはなから私は煩わしいと思ってたんで

根本私営業の職に就かれいる人とか、

まぁ営業マンが基本的に嫌いなんで

会って話すということ自体とても抵抗があったんですけど

いざ実際話してみると

話し方も柔らかい方でしたし、

こちらがしゃべる内容もまあ紳士に聞いてくださって

真剣に考えてくださいますし

会って喋ってみたということに関しては、喋ってよかったな

という印象は持ちました

ソニー生命の学資保険に、私は契約したのでしょうか?

まあただ、だからといってソニー生命さんに

私の家族、今後にまつわるいろんな保険内容について

トータル的に任せたいと思ったかと言われると

答えは

「NO」

ですね

そんな総合的にプランニングしてもらわなくていいと思いました

考えるのも大変ですしね

考えるの大変なら、なおさらプロの方に考えてもらったほうが

良かったのかもしれませんけど

まあそれなら一個一個、個別で

生命保険なら生命保険を

ソニー生命さんだけでなく他社とも比較したいので

まぁちょっと難しいなぁということで

まだ営業さん本人には連絡させてもらったんですけど

もうちょっとご連絡させていただくことはないかと思いますね

良い人なんですけどね

そもそもまあこのご時世、保険というものが本当に入る必要あるのかというのも

まあ、ありますしね

一昔前ですと、社会人になったら保険に入るのが当たり前っていうのが

一般的な感じだったと思うんですけど

このご時世ねー

保険に入るのが当たり前かと言われると

当たり前な時代ではなくなってきているかと思います

一昔前だと、株をしているというのも

まあ珍しい方だったのかもしれませんけれど

まあ今となってはねもうソーシャルネットワークの

「LINE」

を使ってでも、株への投資ができるといった時代なんで

そこらへんも珍しくはなくなってきていますね

国をあげて積み立てNISAなども推奨しているということもありますし

ますます保険でお金を増やしていこうっていう、、、

何て言いますかねえ、

キャッチフレーズというか、そこで押していくのは

まぁちょっと難しいんではないかなと私自身は感じました

あとそうですね

私自身感じているのは

一昔前だと私の母に関してもそうなんですけど

私の母自身にも生命保険金をかけていたみたいです

私の父が、私の母にですね

まぁおそらく、言われるがままに入ったんでしょうけど

正直なところ

奥さんに生命保険は必要ないと私自身は感じています

なぜかというと

そもそも、その人が死んだときに困るから生命保険をかけているのであって

正直なところ

今たとえ奥さんが死んでしまったとしても

私自身、あと私の子供は

まあ生活していく分のお金に関しては

まあ何とか暮らしていけるとは思っています

自分一人、子一人ぐらいはなんとか

私の給料で今現実の給料でもまかなっていけるのではないかと思っています

ちょっと話し逸れましたけど

ソニー生命さんは

サイトとかから無料の相談ができるんですけど

学資保険のみの相談というわけではなくて

トータル、人生を通してのトータル的な保険の相談を

今後進めていきましょうという流れになります

なので、その日

初めて営業さんと話して、その日に契約できるということはないですね

すぐ保険に入りたいという場合などですと、

ソニー生命さんは何回か合わないと

保険を契約できないようだったのでちょっと難しいと思います

営業さんはとても丁寧に話をし、こちらの話を聞いてくれます

ただね、まあ営業さんがおっしゃるように

数万円とかいう買い物ではなくなってきます

まあ数百万とかの単位の買い物

実際まぁ戻ってくるんですけど

一旦は、数百万の買い物をするという形にはなるんで

何回もよく話し合って決める方が良いとおっしゃってたのは

それは重々よくわかるんですけれど

もっともな、そういう話をしたいという方は

ソニー生命さん、是非、相談してみてはいかがかなと思います

営業さんよくはホント良い方だったので

無料相談すること自体は

本当して良かったと私自身も思っています

ただ、まぁ学資保険だけを契約したいという方は

無料相談をしてもまっすぐには契約出来ませんし

何回かその後も営業さんと合わないといけませんよということを

お伝えさせてもらっておきたいと思います

では今回はこのくらいで終わります

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

  1. じーよ じーよ より:

    保険って難しいですよね

  2. […] 豆柴の大群、字面は、闇金ウシジマくん ソニー生命の営業さんと実際に会って喋ってみた […]

タイトルとURLをコピーしました